Mihokoブログ

食べたくなったら簡単湯戻し!簡単美味しい大豆の戻し方

こんにちは!
海や大地と家族をつなぐレシピ・100%天然素材家庭料理実践家®の髙窪美穂子です😊

涼しい、といっても湿度が高くてちょっと動くと汗が出ますね。
羽織るものやスカーフなど持ち歩き、温度調整をこまめににしなくちゃ、ですね。

さてさて、8月に入り娘の夏休みもあと1ヶ月。
宿題が多くて大変そうな娘のために、せめて食事はリクエストを聞いて作ろう😊

何がいい?
サラダ、食べたいよ〜。豆とツナのサラダがいい!

豆好きな私の影響で、娘も豆が大好き😊
豆サラダ、私も食べたいから嬉しい💕

冷凍庫にストックしておいた茹で大豆がなくなっていたののを思い出し…。
急いで戻すことにしました。

味噌を仕込む時のように、柔らかく戻す必要がないので、
私はいつも湯戻し。

まずは鍋にたっぷりのお湯を沸かし、
沸騰したら、洗った大豆を入れて火を止め蓋をして、1時間程度放置。

使ったのは、北海道のシゼトモ・ハルさんのカラフル大豆😊

カラフルな大豆、みているだけでウキウキ💕

放置した後、再度加熱して…、

出来上がり!

 

もし、最初の1時間放置が長すぎる!
そんな時間も暇もないっていうことなら、
例えば夜寝る前に沸騰したお湯に大豆を入れてそのまま朝まで放置しても大丈夫です。
朝やって、そのまま夜まで置いておいて、夕食準備しながら仕上げても🎵

ちょっとした時間の組み立てで、いかようにもできるのも嬉しい💕
たくさん茹でておいて冷凍保存もできるので、
私はいつも冷凍庫に入れているんですよ。

茹でたてで、カラフルサラダ💕

美味しかった〜😊

乾物、特に豆は戻しにくい、
時間がかかると考えて敬遠しがちだと思いますが、
湯戻しは簡単なので是非とも試してくださいね😊

******

ほぼ毎日更新中! : フォローはお気軽に!

髙窪美穂子FB
100%天然素材家庭料理実践家®髙窪美穂子FBページ
髙窪美穂子Instagram

******
髙窪美穂子の著作
2016グルマン世界料理本大賞・Fish部門世界第3位受賞
「ラクチン!お魚クッキング」(旭屋出版)

2014グルマン世界料理本大賞・Single Subject Cookbook 日本代表
「おうちでできる天然おだし料理入門」(PARCO出版)

「塩麹・醤油麹のラク旨レシピ」(成美堂出版)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP